カイムの現
ゲームのゲーマーによるゲーマーのためのブログ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・キーレス登録
以前スカGのキーレスリモコンの追加登録方法を紹介しました。

その時に日産さんに直接問い合わせたのですが、電話口に加えてご丁寧になんと資料を郵送までしてくれました!

なんという神対応、さすがプリンス(笑)

ジャジャン!
nissanhuutou

NISSANって書いてある封筒さえ不思議とレア物な感じがしちゃうw

さて中身の手紙はというと・・・!
nissantegami

説明書だけ入れてくれればいいのにこの一枚目はご挨拶とまさか納品書?を兼ねているのだろうか・・・?

しかもたったあれだけのお問い合わせに、(手紙まで郵送させて)この腰の低い文面。

なんという徹底っぷり、アメリカじゃ考えられんw(待て

当然フリーダイヤルだし送料も日産が負担してくれました、マジ感動\(^o^)/

日産にとってはでしかないやり取りだったはずなのに

・・・せめて

80円分は俺が宣伝するよ!(笑)

NISSANをよろしくお願いします!(ぉぃ

肝心の資料の中身ですが、スキャナーを差し込むのがめんどくさかったので(死ね)

iPhoneの「Camscanner」というカメラ/スキャナーアプリで取り込みました。

前回の筆者の貧弱文面で理解できなかった方もこれで問題ないでしょう!

これであなたも日産車のキーレスを追加登録だ!(需要低っ!

▼クリックで拡大▼
nissansiryou

※上述したように携帯のカメラで「なんちゃってスキャン」したものなので読みにくい箇所があればコメント欄へどうぞ!質問には出来る限りお答えします!
スポンサーサイト
【DIY】キー (?!)
連日ですがうちのスカGちゃんのために先日のキーホルダーに続いて、

なんと今度はキーを作っちゃいます

ホントに偶然エンブレムを某オークションサイトで探してたら同年同車種のキーレスリモコンを1000円で発見。

即 ☆ 落 ☆ 札 

一度ディーラーに新調してもらったこともあるのですが、(1万8千円ぐらい)

見事に紛失

( ̄人 ̄;)ちーん

それ以来スペアキーだったのでそれもいい加減どうかと思い、この機会にDIYを早速実施!



まず疑問に思う方も多いかと思うのですが

「他人のキーレスって自分の車に使えんの?」

もちろんそのままでは使えません。

でも使えないのにオークションに出回るはずもないと思い、後から調べりゃなんとかなるだろという思惑で落札。

そう、何を隠そう出来るかも分からんのにとりあえず落札したとこから始めたのです。

調べてみると「イモビライザー」でない限り特に難しいこともないみたいです。
※(車内にキーを感知しないとエンジンがかからないシステム)

要約するとキーは号令係

ボタンを押すと「開けてー!」「閉めてー!」と叫ぶ。

車はその声を聞いて、知ってる人(鍵)の声なら開閉を行う。

つまり基本的に同社から販売されてる車の鍵なら話してる言語が一緒なので、

車に「この人(鍵)の声が聞こえたら開閉してね!」と教えれば対応してくれるのです。

コレをキーレスの追加設定と言います。

ではどうやって鍵を車に覚えさせるのか?

これが中々胡散臭い情報ばっかりでうまくいきませんでした。

結論から言うと、ディーラーに電話で問い合わせるのが一番早いです。

でもER34系統スカイラインについてはせっかくなのでココで紹介させて頂きます!

①車に乗り込む。
②全てのドアが閉まってるのを確認して施錠する。
(パワーウィンドウパネルからではなく、運転席のドアハンドルのところのロックを直接閉じる)
③鍵を、挿して抜いてを1セットとし10秒以内に6セット分抜き差しする。
(言葉通りイグニッションに完全に挿し込んで抜いての1セットを6回繰り返す、抜く時は完全に抜くこと!)
抜き差し
④図のように6セット目に鍵が抜けた時に車の鍵が勝手に解錠します
⑤解錠を確認したらただちに②と同じように施錠する
⑥施錠したらすぐにキーをイグニッションに差し込み、ACCポジションに入れる。
⑦ACCになってから3秒以内に追加したいキーのボタンをなんでもいいので押す。
⑧登録が成功したらボタンを押した時に(押したボタンにかかわらず)車が解錠します。

これで以後今登録したリモコンによってキーレス操作ができるようになっています。

同年代のスカイラインやシルビアでも同等のようなので参考にどうぞ!

なんかトランクを開けたり、ドアロックを5回開け閉めしたり手の込んだ説明もネットで色々みかけたのですが、

これはディーラーさんに直接聞いた一番シンプルで(しかも一発で出来るw)方法です(笑)

さて、前置きが長くなりましたがここからが本番。

▼売主からで届いたキー▼
※一応鍵の先端は全てモザイク加工してあります^^;
キー1

上記方法でソッコーリモコンを登録。

リモコンを登録したはいいものの、当然ながらキーの先端は空き缶のプルタブを開けるぐらいしか用途がない。

・・・のでバラしてみる。(どういう思考回路?!

キー2

うひゃー、1万8千の品が1000円とは言えさすがに汚い!

コーラでもこぼしたのかゴムはベタベタするしいやあああああああ!

というわけでついでにマイクロファイバークロスとアルコールと綿棒で洗浄開始。

そして鍵を削りだす(飛んだ!?)

キー3

もちろんただのキーレスリモコンで終わらせるつもりのない筆者は

スペアキーを作ってもらいにいきました!

削りだした変なT字型の鍵の柄を見せて恐る恐る

「追加分も払うので、どうにか柄を同じ形に出来ませんか?;」

と聞いてみる。

すると鍵屋のおじちゃんは快く「やってみますよー!」って!

カギの救○車がスペア作るのに2~3時間かかったのにおっちゃんは3分くらいで作っちゃいました(爆笑)

しかも一発でドアも開くしエンジンもかかるという・・・職人技ですなぁ・・・w
※エンジンとドアは途中までは同じ機構だが、エンジンはかかりにくいように鍵の更に細かいところまで読み取っている。そのため車のドアは開いても同じ鍵なのにエンジンがかからないといった現象が普通は起きる。鍵の救○車はこれに苦労していたのにw

暑い職場で無理難題をお願いしていたのでその短い待ち時間の間に綾鷹を差し入れましたw

あまりに腕がいいので本当にびっくりしました\(^o^)/

で、作ってもらったのが左のほう!
キー4

先端と柄、それぞれを違うキーのように作ってくれ!というとんでも注文をたった1000円でこんなに見事にやってのけてくれました、ホントすごい!w

しかしここでお気づきかもしれないが、そう、このT型の鍵、もともとリモコンにネジで固定されるのだ。

ってことは上写真の矢印のようにネジの通る穴を空けなければいけない・・・

だああああがしかし!筆者もそこは元自動車工学部でレース部!

とりあえずネジの直径をノギスで測定する・・・1.7mm・・・細っっ!!

ということは1.7mmのドリルビットとドリルが必要になるわけだが

当然どっちも持っていない。(ぉぃ

いやそれ以前にそんなに細いとちょっとズレた瞬間アウトなのでどちらかと言うとドリルよりドリルプレスが必要だ、

▼こういう奴▼
ドリルプレス

ネットでみてみるとなんと意外!最近は卓上ドリルプレスなんて洒落たものが1万円ぐらいで買えちゃうのね!?

でも筆者は待てない。そう、待てない人なのだ。

なので島忠ホー○ズさんにご相談。

デン(買いやがった!
キー5

もちろんビットは頑丈な鍵の鉄を掘るので鉄工用w
キー6

最近のドリルって安い上に高性能なのな!?

トリガー無断階速度調整機構なんて贅沢なドリルのオプションだったのに・・・今では4000円もしないなんてw

早速装着!シャキーン!

キー7

うおぉぉぉテンション上がる!男はやっぱドリルだろ!(ぇ?

さて、穴を開けるとこに印をつけます。

一度作ってもらったT鍵をリモコン内に収め、穴とかぶったところにキリで傷をつけときます。

キー8

次の課題がT鍵の固定。

ドリルプレスなら固定台があるものの、ドリルしか買わなかった筆者は・・・

ふふふ、アメリカじゃこういうのを「ゲトーモッド」というのですが、

いつか100円ショップで購入した簡易万力で机に固定します。

こんな感じ!
キー9

あとはちょっとでもズレたら即アウトの極小1.7mmの穴を矯正なしのフリーハンドドリルで・・・

うわー無理そー;w(ぉぃ

だが筆者はこれでも工学部で鍛えた制動性と器用さがある!!

ドリル開始!(ぇえ~
キー10

無断階調整トリガーはホントに重宝しました。

非常~~~にゆっくりと、10分ぐらいに渡って厚さ2,3mmの鉄に穴を開けていきます。

当然掘り始めたら途中で抜くことも速度を変えたりすることもできません。

ちょっと職人気分になりながらドリドリドリドリ・・・・

難関の貫通の瞬間も見事にシュッと止めてやりましたよ!!(ドヤ顔

キー11

ご覧のように粗があるので、これまた大きめの100均なんかに置いてる極細のルータービットをドリルに取り付けて仕上げます。(やべぇ、ドリル超便利w)

穴もこんなに綺麗になります♪
キー12

最難関の穴も空いたのであとは組み上げるだけですが1つだけ不安要素がありました。

純正のT鍵はなんと鍵そのものにグルーヴがついていて、要はネジが直接噛んでいたのですが、

ドリルで穴を空けた上にルーターで内壁をツルッツルに仕上げた筆者のT鍵はネジで押さえつけることはできても

バッチリ固定できるか不安になってしまったのです・・・。

そこでまたしても100均に活躍してもらいます、じゃん。
キー13

3つで100円w

ただし、接着剤を使うとヘタするとリモコンが分解できなくなってしまいます。

キー14


なので、分解できなくなってしまった場合、5年は保つように(大袈裟?w)電池も新品に交換!

キー15

電池の型はCR1620です、お忘れなく!

後はネジを留めてソファーの下に敷いて(ぉぃ)圧迫して完成!!

キー16

洗浄したおかげで届いた当初押し応えのなかったゴムボタンがしっかりカチカチ言ってくれるようになりました♪

キーレスもちゃんと使えるしやっと落ち着ける!!

これでキーもキーホルダーも完璧☆

・・・疲れたorz

【DIY】キーホルダー
最近ホイールを履き替えた我が愛車スカイライン25GT-FOUR。

スカイライン7/16時

こいつに相応しいキーホルダーをネットで延々探すも全然見つからず・・・

というのもR34って今でこそそこそこファンが芽生えてる感じこそするものの、
実は当初はそこまで人気のなかったモデル。

オマケに完全上位モデルの赤バッジさんばかり脚注を集めちゃって関連グッズは尽くGT「R」

いや、GTR大好きだけど・・・なんかこう、それはそれ、これはこれって感じが・・・

腕時計とかGTRグッズ持ってるけどね(゚∀゚)(ぉぃ

まぁそんなこんなでキーホルダー、諦めて

作ることにしました。(諦めてねぇ!



▼はいまず用意するものこちら▼
キーケース1

もちろんただのキーホルダーでは意味が無いのでスカイラインのエンブレムをヤフオクにて4000円で入手
(この後120円で見つけ、それも落札する。(T_T))

当方レザークラフトが初めてなので大失敗を何度か起こしてしまっていることを先に断っておきます\(^o^)/

まず最初に思ったのは、器具高ぇ!

必要なもの:

①ハトメ打ち棒
②ハトメ台座
③ハトメ
④ポン抜き
↑サイズに注意
①②③④セットで2000円

⑤ジャンパーボタン 700円
⑥ボタン打ち 400円
台座(ハトメ台座や雑誌、本で代用可) 0円
⑦三連キーリング 700円
⑧カシメ 400円(スタッズみたいな奴)
⑨カシメ打ち 400円
台座(ハトメ台座や雑誌、本で代用可) 0円
⑩革シート 400円
⑪拘りぬいたエンブレム 4000円(送料込み)
※ただし買い物上手なら最初から120円のものを見つけていたはず(T_T)

合計 9000

マ ジ か よ 

気を取り直して・・・

まずは革でイメージを、こんな感じ(どんな感じ)
※ここから先画像は全てクリックすることで拡大出来ます
キーケース2

まずはポンチでジャンパーボタン用の穴を開けます。
コンパスの針とか細めのドライバーなどで代用もできますが、ポンチが俄然楽でした(経験談)
キーケース3

こんな感じ!
キーケース4


次にジャンパーボタンを用意します。

キーケース5

ハンマーで打ち付けるだけでいけそうに見えますが、うち具なして打つと変形したりボタンが貫通したりして
悲惨なことになります(経験談)

ハンマーを使う時もあまり強く打ち過ぎないようにしましょう。結構脆い鉄であっという間に変形しちゃいます。

それから向きにも気をつけましょう。

当方は設計図とかまったく用意してませんが、多分実際はあったほうがいいでしょう。

キーケース6


台座だけは雑誌とか本の方がオススメかもしれません・・・硬い表面で打ち付けるとなんか変な型が浮き出てきます・・・;(経験談)

ちなみにもし打ち付けに失敗したらペンチ等でゆっくり丁寧に剥がすことができます。

あまり固い鉄ではないようです。(経験談)

さてメス側を打ち終えるとこんな感じになります。

キーケース7
キーケース8

続いてオス側。

オス側が一応下になるので念のためもう一度向きを確認しておくといいかもしれません。
キーケース9
キーケース10
キーケース11

で、こんな感じに!

キーケース12

もう一箇所穴を開けます。

キーケース13


ここにハトメを打ち込みます。

あと折れ目はついてません。付け方わかりません。

理科とか物理に詳しいS先生に尋ねた結果

「重い本でも乗っければ?」

(もっと科学的な返事期待したorz)

とのことで、そこそこ効果的でした(笑)

さて、ハトメ!

やたら高かった打ち棒と台座。

キーケース14


でもハトメに限ってはマジで代用効きません。(経験談)

めっちゃ奔走したorz

↓の用にまずオスを台座にセットします(左右にずれなくなります)
キーケース15
キーケース16

その上に革を乗せます。
(ちなみにプライヤーみたいなハトメ打ちもありますが、革をいじる場合は歯が立ちません)
キーケース17

その上にリングを被せます

リングにオモテウラがあるので気をつけてください。

説明書がない場合は画像を参考にしてください。

キーケース18

で、打ち棒を立てると台座まで一気に貫通してしっかり固定出来ます。
キーケース19

あまり強く打ち過ぎないように注意しながら打つと完成。

キーケース20

打つのが弱すぎても革だとダメなので力加減が難しい所・・・

リングを通せばチェーンなんかを付けられるようになるので落とさなくて便利ですね!


キーケース22

次にキーリングをつけます。

カシメを打ち込む位置をドライバーとハンマーで決めているところです。

キーケース23


当然ここもポンチで穴を開けます。

キーケース24


カシメをキーリングの固定穴に通して今空けた革の穴と合わせます。

キーケース26
キーケース27

この時気づいたんだけど・・・

リング邪魔!(怒)

平らな面でカシメを打ちたいのにリングのせいでカタカタ傾く・・・(無計画)

10組くらいのカシメを生贄にしてようやく固定。

キーケース28

え?カシメがあてがった時の画像と違うって?

使いきっちゃって買い足したんだよ (キレんな

・・・しかもよく見るとズレてる(泣)


表にスカイラインのエンブレムを貼っつけて完成!

一応このエンブレムは車用の新品だったのでかなり強力な粘着テープが裏面に標準であったので無加工!

貼っただけ!w

キーケース29

キーリングを固定した際に表面に出てきたカシメをおしゃれの一部とするために下部にもスタッズ的な役割として

買い足したカシメを3つ打ち込み完成!

キーケース30

う~む、このズレ方が香ばしいのう。

しかもカシメ最初の2つを打つ時台座を使い忘れたので見事に打ち棒の後がカシメの周りに・・・\(^o^)/

でも手作りで世界に一つの俺のレザー34キーホルダー!

ステアホイールから見え隠れする様がカッコイイ♪
キーケースオマケ
Ops-CoreタイプPJヘルメットゲッツ!
長らく更新してませんでしたが、皆様お久しぶりです。

最近久しぶりにサバゲー(やってないけどねw)用の装備をなんとなく揃え始めようかなって思いまして。

早速先日エアガン市場様より、Ops-CoreタイプのPararescue Jumpヘルメットとゴーグル、
そしてエマーソン製HL-1Aのヘッドマウントライト/ビデオ/静止画撮影ユニットを購入いたしました。

なんといってもエアガン市場様は早い。そして安い。そして今のところハズレない!

ヘルメット一式・・・というほどの装備でもないですが、すべて合わせて1万弱といったとこでした。

早速届いた品を開封・・・

helmet set

各種頭部固定用のパーツ、20mmレール(樹脂製)、マジックテープステッカーなどなどオマケ多数。

ストラップも調整自在なおかげで(のせいで)正直自分はこのオマケパーツひとつも使ってませんww
(ステッカーはこの先使うかも?)


続いてゴーグル
goggle.png

こちらはOps-Coreヘルメット用に買ったので通常の装着はできません。
ヘルメットに直接取り付ける感じです。
画像にはないですが、黒のティントが入った替え用のレンズも付属していました。

こういう太っ腹感、いいですよね♪

お待ちかねHL1!
HL1
ビデオ、静止画機能はあるものの、ストロボや明度調整といった細かい芸当はできません。
個人的にはもう少し明るくても良かったかなという具合・・・実用には十分ですけどね!

ところがこのHL1、とんだクセモノでして。

電池が特殊仕様過ぎて探すの苦労した\(^o^)/

大きさは普通のリチウムイオン電池CR123Aタイプと同じなのですが、
必要電圧が3.6V以上。

市販のCR123Aは3.0Vとわずかに足りず、また集めて回った情報によると3.0Vでは撮影機能が使えないとのこと。

それただの下位相互やん。

というわけで探して探して探しまくった結果、2つの可能性に当たりました。

一つはSureFire製のSF123A。
戦闘用の機能が色々盛り込まれた高機能電池みたいですね。
(強い衝撃を与えても回線が切れない等)

HL1の電池挿入部にはでかでかとSF123Aと刻印されてるので間違いないとは思いました。

でもスペック表記が3.0V・・・

きっと使えるんだろうけど、不安になって保留。

もう一つの可能性は日昇洋行様で見つけたSolarForce 16340というリチウムイオン電池。

なんとサイトにHL1との相互性を明記してあり、スペックも3.7Vで880mA!
しかも充電池なので補充しないで済む!

人によっては充電池である必要はないというかも知れませんが!
当方買い足すのがすこぶるめんどくさい人なのでこれは大きな+!
2本セットで1000円と少々値の張る電池でしたが迷わずポチ。

もちろん充電器もポチ。

これで電池問題解決♪

さっそくHL1をヘルメットに取り付けようとしたその時!

HL1はまだクセモノだった!


ヘルメットへの装着アダプターがOps-Coreタイプに非対応

付属のアダプタはイモネジで締め付けるタイプだったのだ!


我ながらこんなミスを犯してしまうとは・・・

急ぎエアガン市場様のサイトで確認すると
「※Ops-Coreタイプへのアダプターは付属しておりません。当店で取扱もしておりません。」

バッチリ明記

ぬおおおおやってしまったああああ

そこでひらめいた。

「さっきの日昇洋行さん、やけにHL1に詳しかったな・・・もしや?」

あった!

Ops-CoreタイプHL1マウント!(980円)

即ポチ。

もう少し早く気づいてれば送料500円浮いたのになぁとか思い返していると日昇洋行様からメールが。
要約すると

「荷物一つにまとめといたよ\(^o^)/」

なんという 神 対 応

しかも昨日の夕方ポチって届いたのが今朝早く。

・・・濡れた(ぉぃ

で、すべてようやく組み立てて完成!じゃじゃん!
helmet from front

helmet top down

かっけええええええ!

かぶる人さえイケメンならなぁ・・・

近々実際に撮影してみた動画もあげときます!
ひとまず報告まで!
射撃テスト!
射撃テストの動画です!が・・・

よりグローバル英語での撮影となりました。

尚M16A1の旧型マガジンを使用しており、給弾不良が起きてます。

対策として構えが若干おかしくなっておりますがご了承下さい・・・w

(ハイキャパも勿論あるんだけど装填がめんどくさくて・・・)

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。